進学個別指導塾ノエクリ

ブログ

BLOG

【小学4年生算数】文章問題にちょうせんしよう!!①

窪田

こんにちは、HAKKUTSU野々市校のクボボです!
「計算はできるけど、文章問題になったらわからなくなる」という人、クボボも小学生のときはそうでした!

今日は、文章問題が「苦手だな」と思っている人に、少しでも「できるかも!」と思ってもらえるように、この記事を書きたいと思います!

 

文章問題のとき方を、かくにんしよう!

 

この問題を見て、「ぜんぜんわからない」と思った人も、だいじょうぶです!

これだけでも、1枚目よりは見やすくなったかな?

「同じ数ずつくばる」という部分が大切です。「くばる」ので、「わける」と同じ意味だね。

「くばる」や「わける」は、何算を使えばいいでしょうか?

 

ここでも、「まだわからない」と思った人も、だいじょうぶです。

問題をていねいによんで、書いてあることを頭の中で、イメージしてみましょう!

こんな感じかな?

次に、だいたい1人分は何こくらいになるか、よそうしてみましょう。

頭の中でイメージや答えのよそうをササっとしたら、次は、図をかいて考えましょう。

こんなときは10のかたまりを分かいして、考えてみましょう。

これなら、78こ全部わけられそうですね。

78と3を使って式を立てましょう。かけ算?わり算?

かけ算にすると、78×3=234

78こしかないのに、1人234こも、もらえるなんてありえません!

「くばる」「わける」のときは、わり算を使えばいいことをおぼえておきましょう。

どうですか?

答えに、「こ」をつけわすれないように注意しましょう。

文章問題が、「見るだけでいやだ」と思っていた人も、少しは「できるかも!」と思ってもらえましたか。

筆算のやり方をわすれた人は、クボボが前に書いたブログをよんでね!

 

まとめ

 

まとめをしましょう。

 

文章問題のとき方

①大切な言葉にしるしをつけよう!

②文章をていねいによんで、書いてあることを頭の中でイメージしよう!

③答えを、よそうしよう!

④図をかいて考えよう!

 

「文章問題が苦手だな」と思う人は、いそがなくても、だいじょうぶです。ゆっくり時間をかけて、ていねいにときましょう。この方法でたくさん練習したら、文章問題がすきになるかもしれません!がんばって、練習しましょう!

 

HAKKUTSUでは、計算問題と応用問題を4:6の割合で勉強します。「計算はできるけど、文章問題になるとできない」「計算も文章問題も両方習いたい」という人たちにオススメの塾です。思考力を高めることには様々なメリットがあります。

ぜひ、一度無料体験授業にお越しください!

皆様のお越しを心よりお待ちしています!

投稿者

窪田

野々市・鶴来校舎の窪田です!

▲▲クリックして窪田のブログ一覧(52ブログ公開中)を見る

お問い合わせ・ご相談は
こちらから まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県の校舎はこちら

TEL. 076-287-6788

静岡県の校舎はこちら

TEL. 0545-67-8081

平日
16:00〜22:00
土曜
12:30〜21:30
日曜
12:30~21:30

(※)電話対応不可の日…石川県(月・金)/静岡県(日)

お問い合わせフォーム