進学個別指導塾ノエクリ

ブログ

BLOG

【中学生必見!】定期テスト前日と当日、何をしたらいいの?

窪田

こんにちは、進学個別指導塾ノエクリ鶴来校の窪田です!
中学生のみなさんの中で、今週中間テストがあるという人、多いのではないでしょうか?特に中学1年生のみなさんは、初めての中間テストですね。今日は、みなさんが中間テストでベストを尽くせるように、いくつかアドバイスを書きたいと思います!

 

テスト前日には何をしたらいい?

 

 

1 翌日のテスト教科と範囲の確認をしよう!

テスト前日は、翌日テストがある科目の勉強をしましょう。これは、わかっている人には当たり前のことかもしれませんが、初めて中間テストを受ける1年生の人にとっては、当たり前のことではないかもしれないので、あえて書きました。

また、範囲の確認をもう一度しておきましょう。前日ではなく、もっと早くした方が良いのですが、まだしていない人はもう一度しましょう。先日、ノエクリに通うYくんが、テスト範囲になっていない「電流」の範囲を勉強していました。もちろん「電流」の勉強も大切ですが、中間テストが終わるまでは、中間テスト範囲を勉強しましょう。

 

2 間違えた問題を中心に復習しよう!

テスト前日は、違えた問題」や「答えはあっていたけど心配な問題」を中心に復習しましょう。

理科や社会は、時間があれば全部解き直しをしたらいいと思います。必ず、解き直した問題は、テストに出たら書けるようにしておきましょう。

まとめノートを作っていたら、ノートを見返して大切なことをもう一度確認しましょう。

もし、「復習どころじゃない!」「まだ課題も終わっていない!」という人は、まずは、課題を提出できるように、最後まで全力で頑張りましょう。諦めてはいけません!絶対に提出してください。そして、期末テストのときには、こんなにギリギリにならないように、もっと早くから計画を立てて取り組みましょう!もし、自分では計画が立てれないという人は、窪田までご連絡ください。一緒に期末に向けて頑張りましょう。

 

3 十分な睡眠を確保しよう!

前日は、いつも通りしっかり睡眠をとりましょう。睡眠不足は集中力を低下させます。せっかく当日まで頑張ってきても、テストで力が発揮できなかったら悲しいので、絶対にいつも通りしっかり寝ましょう。

ノエクリの生徒Mくんは、真面目に2週間前からテスト勉強を頑張っていたのですが、前日も頑張りすぎて寝不足だったため、テスト中に寝てしまいました😨せっかく頑張ったのに、テスト結果は散々でした。そうならないためにも、前日はしっかりと睡眠をとりましょう。

 

4 ゲームやテレビは我慢しよう!

前日は、ゲームやテレビを我慢しましょう。テストが終わったらゲームをしたりテレビをみたりする時間はたくさんんあります。テスト前は、なるべく1点でも多く取れるように、ワークの見直しをしたり教科書を読んだりしましょう。

今は、今しかありません!

「もっと勉強しておけばよかった」と言うのはとても簡単ですが、今を取り戻すことは二度とできません!

 

5 楽しみを見つけてストレスを減らそう!

とは言っても、勉強ばかりだとストレスも溜まります。そんな人は、「テストが終わったらテレビの録画したのを見よう」「テストが終わったら友達と買い物に行こう!」などと、楽しいことを考えながら過ごしましょう。

 

(6 ワークや教科書を頭の上に置いて寝よう!)

これは、私が学生時代やっていたことです。寝ている間に、「教科書の内容やワークの内容が頭の中に全部入ってほしい!」という願いを込めて置いていました😅

あ、あと、もし緊張して前日眠れないという人、布団の中で教科書を読むと、一瞬で眠れることもあります😅(※効果には個人差があります。)

 

テスト当日には何をしたらいい?

 

 

1 深呼吸しよう!

勉強の成果を発揮できるように、深呼吸しましょう。そうすることで、緊張感が和らいだり、集中力を高めることができます。

 

2 時間配分を意識してテストに挑もう!

全ての問題を解き終えて、さらに見直しの時間も作れるように、時間を意識しながらテストに挑みましょう。中学1年生のみなさんは、初めは時間配分が少し難しいかもしれませんが、見直しできるように、10分前には全て解き終わるように頑張りましょう。

もし、途中でわからない問題があったら、すぐにとばしてもOKです。わからない問題にずっと時間を使っていると、最後の問題まで到達できなくなってしまうので注意しましょう。

 

3 問題を丁寧に読もう!

問題を丁寧に読んで、求められていることを正確に理解しましょう。そして解答用紙の正しい欄に答えを書きましょう。単位のつけ忘れや、誤字脱字にも注意が必要です。最後まで集中力を保って頑張りましょう。

これも、ノエクリの生徒の話ですが、解答欄がいつの間にかズレていて、最後あたりの問題でそのことに気づいて、書き直す時間がなかったという生徒もいました。

解答欄には、十分気をつけてくださいね。

 

4 自分を信じて、最後まで全力で!!

しっかりとテスト準備をしてきた人は、自分を信じて、最後まで諦めずに全力を尽くしましょう!そして、失敗を恐れずに問題に取り組みましょう!

「終わり」の合図が出るまでは、絶対に諦めないでください。例え、今回は正解できなかったとしても、その挑戦していた時間は絶対に無駄にはなりません!必ず、次のテストで生きてきます!

例えば、サッカーの試合を想像してみてください。

ある選手が、相手からボールを奪おうと一生懸命粘り強くいったけど、奪うことができませんでした。それでも諦めずに、全力で挑戦し続けました。すると、今度は味方の助けもあって、ボールを奪うことができ、そして最後はシュートを決めることができました。

この選手が得点できたのは、その時の出来事だけではありません。そのシュートを決める前の粘り強くしつこく攻め続けたプレーがあったからこそ、得点に結びついたのだと思います。

勉強も同じだと思います。努力はいつか必ず結果としてついてくると思うので、ぜひ、一回一回のテストに全力で臨んでください!

 

5 予期せぬ出来事が起きても、前向きに捉えよう!

Q.もし、テスト当日の登校中、水たまりの上を車が猛スピードで通って、その水を頭の上からかぶって全身ビショビショになったら、あなたはどうしますか?

A

1.  「この世の終わりだ」と思う

2.  「せっかく覚えたことが全部洗い流された」と思って、テストを受けないと決める

3.  「ラッキー」と思って、笑いのネタにする

 

実は、これ、私が高校1年生だったときに経験したことです。親友のYちゃんと問題を出し合いながら自転車をこいでいたときに、突然起こりました。Yちゃんは、ちょっと水がかかっただけですんだのですが、私は全身ビショビショになりました。一瞬、「終わった」と思いました。でもその直後「笑いのネタになる」と思って、そのまま学校に行くことにしました。友達はみんな笑ってくれたので「やったー」と思いました。そして、心配しなくても、一生懸命勉強したことは、そんな簡単に洗い流されることなんてありませんでした。

なので、期せぬ出来事が起きたとしても、まずは落ち着いて、前向きに捉えましょう!そうすることで必ず運が開けてきます!そして、そのとき諦めずに挑戦したからこそ、大学受験にも合格できたと思っているので、みなさんも、何があっても諦めずに挑戦してください!(※着替えに帰った方がいい場合もあります。)

 

まとめ

 

・テスト前日にすること

1 翌日のテスト教科と範囲の確認をする。

2 間違えた問題を中心に復習する。

3 十分な睡眠を確保する。

4 ゲームやテレビは我慢する。

5 楽しみを見つけてストレスを減らす。

(6 ワークや教科書を頭の上に置いて寝る。) 

 

・テスト当日にすること

1 深呼吸する。

2 時間配分を意識してテストに挑む。

3 問題を丁寧に読む。

4 自分を信じて、最後まで全力で頑張る。

5 予期せぬ出来事が起きても、前向きに捉える。

 

みなさん、中間テストでベストを尽くせるよう頑張ってください!応援しています!

投稿者

窪田

野々市・鶴来校舎の窪田です!

▲▲クリックして窪田のブログ一覧(64ブログ公開中)を見る

お問い合わせ・ご相談は
こちらから まずはお気軽にお問い合わせください。

石川県の校舎はこちら

TEL. 076-287-6788

静岡県の校舎はこちら

TEL. 0545-67-8081

平日
16:00〜22:00
土曜
12:30〜21:30
日曜
12:30~21:30

(※)電話対応不可の日…石川県(月・金)/静岡県(日)

お問い合わせフォーム